手作りレシピ日常

どくだみ化粧水の作り方

私は肌が薄くて乾燥しやすく
市販のものだと肌荒れしたり赤くなったり
トラブルが多かったんですが
これを使うようになってから
とても快調です。

お友達からのリクエストが多かったので作り方を載せておきます

————————————-

<どくだみ化粧水の作り方>

1、洗って水けを切り、乾かした生のドクダミをガラス瓶などにぎゅうぎゅう詰める(瓶の高さの3/2程度)

2、そこにホワイトリカー(または日本酒)をひたひたに詰める。

3、放置する(2週間から使えるそうですが、3か月~半年ぐらい置くといい。1年寝かせるともっと良い。瓶に製作日付を書いたシールを貼っておくと良いです)

4、使うときに原液を空き瓶やペットボトルに移しかえ(葉っぱは濾す)
グリセリン(薬局に売ってます)を少し加える(原液1800mlに対して30ml~ほど)

私は大体目分量
原液7:グリセリン3の割合で

保湿効果を高めたければ
グリセリンの分量を多くすると良いです⭕️

<効能>
肌荒れ、美白、シミ取り、しわ取り、ニキビ、湿疹、アトピー、アセモ、水虫など

原材料にもこだわりたい人は
身体にあうお水や産地のものを使うと良いかもしれませんね

例えば私は屋久島のお水が好きなので「三岳」を使いたかったのですが
今回はお店で手に入らなかったので
宮崎の地下深層水と九州産の原材料を使っている「天孫降臨」(名前凄い🤣)と

発酵といえば!の
寺田本家の「醍醐のしずく」で
フェイス用とボディ用の二種類を漬け込みました。

※メジャーなのはドクダミを焼酎・ホワイトリカーで漬け込む方法ですが
米と米麹のみでつくられた純米酒で漬け込むと、より美白効果が高いそうです(私は今回日本酒初挑戦)

コストがほとんどかからず
たくさん出来るので
全身に惜しみ無く使う事が出来ますね